【2019年度版】BenQのモニターで何かおすすめはない?やっぱりGW2470HLがコスパ◎

BenQのモニターを購入しようか悩んでる人

パソコンやゲームに使えるモニター探してるけど、BenQのモニターで何かおすすめを知りたいな。あとセットで購入しておいた方が良い商品とかあったら教えてほしい

 

こういった疑問にお答えします。

BenQモニターおすすめ商品

 

はじめまして当ブログを運営しています Yuichi です。

最近はパソコンでもゲームでも使用できるモニターは情報や商品が多すぎて中々選ぶことができないですよね。今回は特に価格にフォーカスし、実際に私が購入し使用しているモニターをご紹介します。

① コストパフォーマンス◎ GW2470HL

 

結論から先に言いますとBenQ モニター ディスプレイ GW2470HLがおすすめです。

なぜかと言うとコスパ最強だからです。

 

主な仕様
画面サイズ:23.8インチ
パネル:AMVA+ ノングレア
解像度:1920×1080 フルHD
応答速度:16ms(GTG 4ms)
入出力端子:ミニD-sub15ピンx1, HDMIx2, ヘッドフォンジャック
VESA :対応
スピーカー:非搭載
フリッカーフリー:ブルーライト軽減

 

おすすめ理由!

●値段が破格の安さ、パソコンにもゲームにも丁度いいサイズ
●インターフェースの充実
●PS4でも問題ない応答速度(GTG 4ms)、AMVA+ パネル
●モニタ―アームも使用できるVESA規格(100×100)

 

価格と大きさ

なんといっても値段が安い!私が購入した時は11,800円(税込み)でした!破格のお値段で驚きです。新品でこんなに安くモニターを買える日が来るとは最高です。大きさが23.8インチとパソコンのモニターとして使用するにはちょうど良く、プロゲーマーやe-Sportsの大会で一番よく使用されている大きさでもあり、ゲームをするにもぴったりのサイズです。

ぶっちゃけ27インチ以上のモニターは普通にパソコンを使うには大きすぎます。21~24インチが最適です。

インターフェース

入出力端子はHDMIが2つあり便利。私はノートパソコンに1つ、PS4に1つとHDMIを使用しています。ボタン一つで切り替えられる手軽さはありがたいですね。

・ミニD-sub15ピンx1
・HDMIx2
・ヘッドフォンジャック


(引用:https://www.benq.com/en/monitor/stylish/gw2470hl/specifications.html)

 

RPGなどのグラフィック重視なゲームに◎

PS4などでRPGなどするのに最適なAMVA+パネルを使用。通常のVAパネルよりも高性能。

映画やアニメには特におすすめな種類のパネルですが、FPSや格闘ゲームなどの速い動きには少し不向きです。
また、写真編集やイラスト制作にも他の種類のパネルがおすすめです。詳しくはこちらの記事でパネルの種類がわかりやすく解説されていましたので気になる方は是非。

 

応答速度はGTG 4msと最近のハイスペックモニターと比べると遅いと思いましたが、PS4などのCS機のリフレッシュレートは60Hzであり、その推奨は16msとの事です。

これは1秒あたり60回、つまり16.67ミリ秒ごとに画面をリフレッシュするので4msは十分すぎる応答速度です。詳しくはこちらの記事で応答速度に関してわかりやすく解説されていましたのでご参考に。

VESA規格

モニターアームも使用できるVESA規格

後々、もっと可動域を広げて作業したいと思った時にモニターアームに切り替えることができるのは便利ですよね。

 

② 目に優しい機能を搭載

 

BenQでは独自のEye-Care™機能があり、GW2470HLにも搭載されています。(ブルーライト軽減Plus機能やフリッカーフリー技術)これにより、長時間視聴しても目が疲れない快適さと精妙なディテールまで正確に再現する視覚体験を両立しています。

実際はどうかというと、私は休日で10時間ほどパソコンを使用する日もあるのですが、これが驚くほど目が疲れません。会社で使用しているモニターはブルーライトに対する防止機能が無く3,4時間ほどで目の疲れが出始めます。会社でも使いたい・・・

 

画面はノングレア(非光沢)液晶を採用

下記の写真は画面前で撮影したのですが、ノングレア液晶の特徴でもある物が映り込まないメリットがわかります。光沢液晶ではこうはいきませんね。

ノートパソコンは光沢液晶を使用していて、今回ノングレア液晶を初めて購入したのですが、ぶっちゃけ光沢液晶よりも好きになりました。
光沢液晶は色鮮やかできれいに表示される反面、外光反射から眼への負担(映り込みが激しい)が大きくなります。長時間パソコンを使用するのであれば、ノングレア液晶をおすすめします。映画やアニメ、ゲームも十分きれいに見れます。

 

③ デメリット

上記ではコスパの良さを挙げてきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

フルHD解像度

最近では4Kモニターが人気で主流になってきていますが、本製品は解像度1920×1080 のフルHDを採用しています。PS4Proで4Kの映像でゲームがしたい!映画をもっと高画質で見たい!という方は残念ながら別のモニターをおすすめします。

スピーカーが非搭載

一番の残念ポイントですが、このモニターはスピーカーが非搭載です。パソコンのスピーカーを使用するか、別途でスピーカーを購入する必要があります。私は今までスピーカー内臓型のモニターしか使用しておらず、一番購入を悩ませるポイントでした。

 

スピーカーが搭載されていないのはとても残念ですが、最近では値段が安くコスパの良い商品も増えてきています。次項では私が使用しているスピーカーやその他あると便利な商品もご紹介します。

 

BenQモニターとセットで購入しておくべきおすすめ商品

 

① おすすめスピーカー

前述したようにGW2470HLには内部スピーカーが搭載されていません。ですが値段が安くコスパが良い商品はあります。

 

私が使用しているのはロジクール PCスピーカー パソコン用 Z120BWです。
こちらの良い所は値段の割に音質がよく、音量調整のつまみがついているところです。サイズもコンパクトなのでモニターの下に設置でき場所を取らないのも良い点です。電源はUSBになります。

スピーカーは値段も質もピンキリなので、どこまで妥協できるかですが、こちらのスピーカーは買っても損はしないと思います。

 

 

② その他おすすめパソコン周辺機器

モニターを購入するにあたり、ワイヤレスでキーボードとマウスを使用するスタイルを確立したかったので購入しました。

どちらもアマゾンでの人気が高く某有名YouTuberが絶賛していました。

キーボードは昔ながらのキーストロークで手に馴染み、打ちやすいです。テンキーは人によりけりですが筆者は使用する派なのでありがたいです。(詳しい仕様

マウスに関してはこちらの動画をどうぞ。これを見て買ってしまいました。

 

Bluetooth型のキーボード、マウスも使用したことがありますが、動かなくなることが時々あり(私が使用したものがたまたまそうだったのかも)USB型の方が私は好みです。電池も長持ちで、通信が途切れることも無いので快適です。

 

 

現在のノートパソコンはUSBが2口なので、何かと便利かなと思いスピーカー用、ワイヤレスキーボード&マウス用にUSBハブも購入しました。便利です。

 

 

まとめ

今回はBenQモニターのおすすめ商品を紹介させて頂きました。モニターと周辺機器を合わせても2万円を切るのは驚きですが、質も良くコスパ最強です。ノートパソコンとのデュアルディスプレイでとても快適に使用しています。より良い環境は勉強も仕事もはかどらせてくれますね。今回は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です